Maison de Pontomarie

刺繍作家Pontomarie浅賀菜緒子の刺繍と日々の徒然便り
2011/10/19

秘密の花園 葉と鍵穴の刺繍スケッチ

23101913.jpg


秘密の花園の刺繍、物語をイメージして葉と鍵穴の刺繍を試し刺し。



蔦に覆われて隠されていた花園の入口、十年閉め切ったままだった錠前。
高くて美しい歌声でさえずり続ける駒鳥。


  「おまえはあたしに昨日鍵のあるところを教えてくれたね。今日は入口を
   教えてくれるはずよ。もっとも、あたしは、おまえがその入口を知っているとは
   思わないけど・・・・・。」


その瞬間、いつもより少し強い風が吹き、木々の枝を揺らしました。
メアリーが駒鳥の側へ歩み寄ると、再び風がさっと吹き、蔦の枝がわきへ揺れた瞬間
メアリーは枝の下に何かがあるのを見つけました。それを自分の手で掴むとそこには
扉の丸い把手がありました。
メアリーは両手を葉の下に入れて、葉を脇へ押しのけ始めました。メアリーの胸は
どきんどきんと動悸を打ち始め、手は嬉しさと胸騒ぎのあまり、少し震えだしました。
駒鳥も夢中になった様にずっとさえずっています。
今彼女の手の下にある四角いもの、それは一体なんであろうか?
それは十年も閉め切ったままになっていた扉の錠前でした。


23101931.jpg


メアリーのポケットには、昨日駒鳥から場所を教えてもらい見つけた鍵が入っていました。
それを鍵穴にあてがってみると、ぴったりと合い、差し込んでまわしてみました。
すると確かに鍵はまわったのです!


物語の中でも重要な場面、メアリーが秘密の花園を見つける瞬間です。
花園の鍵穴はきらきら光るビーズで刺繍してみました。これは、鍵穴の向こう側が、
とても美しくて希望や想像に溢れている世界なのだという事を現したいと思ったからです。
葉のカーテンに覆われて隠されていた花園の鍵、それを教えてくれる駒鳥。
それぞれを刺繍してコラージュの様にのせて全体のイメージを見てみました。
一枚の布に刺したらこんな感じ?
頭の中のイメージが少しずつ形になってきました。





トラックバック

トラックバックURL:http://nyapodanu.blog69.fc2.com/tb.php/287-7144692a

■  プロフィール

ポントマリ

Author:ポントマリ

刺繍作家 浅賀菜緒子(ポントマリ)
横浜在住。
刺繍の製作過程や、刺繍にまつわるetc、
ライフワークを綴っています。

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  HP

Pontomarie Grenier

■  Instagram

PONTOMARIE
Instagram

■  横浜アトリエ刺繡教室

フランス刺繡、日本刺繍クラス共に
大変混み合っております為、受付けを
一時休止しております。

■  教室のご案内 池袋

池袋コミュニティカレッジ

■  著書本

■  検索フォーム

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  カテゴリ

日本刺繍作品 (37)
フランス刺繍etc作品 (83)
刺繍 (24)
着物 (1)
図書室 (10)
お出掛け (6)
アート (26)
徒然 (21)
映画 (17)
未分類 (4)
音楽室 (4)
プレゼント (0)
手芸 (9)
横浜お出掛け (4)
ポントマリ刺繍店 (33)
インテリア・雑貨・植物 (4)
刺繍教室 (3)
ソーイング (0)
生徒さん作品 (3)
猫 (2)

■  素材屋さん



web*citron

■  最新記事

■  RSSリンクの表示

■  生徒さん用連絡リンク

・横浜・池袋クラス欠席連絡フォーム
・アトリエ振替レッスン申込み