Maison de Pontomarie

刺繍作家Pontomarie浅賀菜緒子の刺繍と日々の徒然便り
2012/09/27

ノスタルジア アンドレイ・タルコフスキー

240926_8.jpg


アンドレイ・タルコフスキー監督生誕80周年を記念した映画祭の中で、今までにもう何度も
見ている「ノスタルジア」を劇場で観てきました。




240926com_.jpg


水や霧、光と闇、風、炎といったタルコフスキーが描く独特の情景は、まるで美しい一篇の詩を
読んでいる時のような、言葉にならない静かな感動があります。
祖国への郷愁を抒情的に描き出した大変に美しい作品です。




240926hia3.png


主人公の詩人、アンドレイの夢に現れる故郷。なだらかな丘の小さな家。
木々と白い馬、シェパード犬。妻とふたりの子供。




240926ia1.png


家中に水が落下するあばら家に住む、世界の終末が訪れたと思い込む男。
聖なる狂人と出会い、興味を抱くアンドレイ。
静かに詩集を燃やす炎、風に揺れる蝋燭の微かな炎、滴り落ちる水。
時折現る夢の中のモノクロームの故郷の風景。美しく、深淵な魂の情景に
静かに心が導かれてゆく。




240926hia1.jpg


何度も観ているのに、初めて涙がでたシーンが。何度観てもよい作品は、新たな発見を
与えてくれる。それは同時に私の新たな変化を写す鏡。



劇場を出て、愛車の自転車がとめてある場所へ。すぐに家に帰りたくない。
このままいつまでも映画の余韻に包まれながら、風を感じる場所にいたかった。








2012/08/10

いわさきちひろ〜27歳の旅立ち〜

201208107_large.jpg


”誰もが知っている絵本画家の、誰も知らない波乱の人生。
27歳バツイチ、家なし、職もなし。いわさきちひろ、愛と不屈の物語。”


先日、いわさきちひろ〜27歳の旅立ち〜を観に行ってきました。
二週続けてのドキュメンタリー映画。 
いわさきちひろさんの絵、ふわりとした優しい絵。あの優しい絵を描く女性は、
あの絵からは想像も出来ない波乱の人生を送り、それを超えて強さと逞しさを持った
大きな人でした。
2012081011jpg.jpg







厳しい人生を生きたからこそ、優しい世界を描き続けたーその言葉が胸に響きます。





2012/08/02

ピナ・バウシュ 夢の教室

240801l.jpg


映画「ピナ・バウシュ 夢の教室」を観に行ってきました。
2009年にこの世を去った稀代の舞踏家ピナ・バウシュが、ダンス経験のない40人の
ティーンエイジャーと彼女の代表作のひとつ「コンタクトホーフ」を上演するまでを追った
ドキュメンタリー映画です。絵画の様に美しい一瞬。



2408018.jpg


とても素敵な映画。上映中、何度か涙が出てきました。それは悲しいとか嬉しいとか、
そういった感情ではなくて、なにか言葉には出来ない衝動のようなもの・・・・。






この日観に行った映画館は自宅の近くにあって、私はいつも自転車で出掛けています。
家の近くに映画館がある。この事は私にとってはとても嬉しい事なんです。
2012/06/23

Les Demoiselles de Rochefort




今日は久し振りに映画のお話しです。
先日、ひかりTVで「ロシュフォールの恋人たち」がオンエアされていました。
大好きで何度も見ている映画です。
内容というよりは、音楽やお洋服など画面の色彩が可愛らしくて見ていて、
聞いていて、愉しい映画です。
作品作りの色使いなど、知らないうちに影響されている所もある気がします。
予告をupしてみました、宜しかったら見てみてくださいね。

2011/10/17

ヤン・シュヴァンクマイエル 「サヴァイヴィングライフ」

      23101699d.jpg


先日、ヤン・シュヴァンクマイエルの新作映画サヴァイヴィングライフを観に行きました。
憂鬱な日常を脱出して夢と現実の二重生活を送る男の物語です。



231016ea7_20111017000435.jpg


滑稽で奇想天外な空想と妄想、シュールなコラージュアニメーションと現実を織り交ぜた
夢の世界。ヤン・シュヴァンクマイエルの何処までも自由な想像の世界、
とても面白かったです。



666746-img-prezit-svuj-zivot.jpg


「想像力がある限り、世界は完成しない。」
以前彼が言ったこの言葉、痺れました。





2011/07/26

ブラザーズ・クエイ 妄想の部屋

timthumb230725.jpeg

先月、大好きな映画監督ブラザーズ・クエイの新作アニメーション「マスク」が横浜美術館で
一日だけ上映されるというので行ってきました。



”暗殺の遂行のために、心を持たされ“女”にされた殺人人形。その標的は王への反乱を企てる男。
しかしその男に出会うや“彼女は”恋に落ちてしまう。しかし殺人機械として作られた彼女の性は、
悲劇を生む…。スタニスワフ・レムの短編小説を原作とし、クエイ兄弟がポーランドで制作した
最新作。”


仄暗く幻想的で詩的な映像、動きだす人形達、奇想の王国。



ブラザーズ・クエイ作品の中でも最も好きなパペットアニメーション、
「ストリート・オブ・クロコダイル」。
彼等の作品を見ていると、妄想の深い森の中へと沈み込んで世界の全てに心浸れます。
宜しかったら少しだけすでが、ご覧くださいね。


  




2010/11/20

赤い風船・白い馬

22111198g.jpg
アルベール・ラモリス監督の赤い風船・白い馬。それぞれ1950年代に
撮られた短編映画です。
初めて観た時は、こんなに詩的で心に迫る映画が存在していた事にとても
驚き、胸を打たれました。普遍的な永遠の物語は、私が生まれる遥か前に
作られた作品ですが、今なお変わらず色褪せる事無く胸に響きます。


22111928.jpg

この映画の予告で、「この映画に出会えた事はきっと宝物になる」
とありましたが、私にとってまさにその言葉通りになりました。
心の中の友達のような、大切な存在。
なかなかそういう映画には出会えません。


2211119mg.jpeg

観終えた後の気持ちはとても言葉で表し尽くせない程なのに、
描かれているテーマはとてもシンプル。子供から大人まで
誰の心にも届くもの。
どちらも本当にお勧め、是非観て頂きたい素敵な映画です!





<<戻る 次へ>>

■  プロフィール

ポントマリ

Author:ポントマリ

刺繍作家 浅賀菜緒子(ポントマリ)
横浜在住。
刺繍の製作過程や、刺繍にまつわるetc、
ライフワークを綴っています。

■  カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■  HP

Pontomarie Grenier

■  Instagram

PONTOMARIE
Instagram

■  横浜アトリエ刺繡教室

フランス刺繡、日本刺繍クラス共に
大変混み合っております為、受付けを
一時休止しております。

■  教室のご案内 池袋

池袋コミュニティカレッジ

■  著書本

■  検索フォーム

■  メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■  カテゴリ

日本刺繍作品 (37)
フランス刺繍etc作品 (83)
刺繍 (22)
着物 (1)
図書室 (10)
お出掛け (6)
アート (26)
徒然 (21)
映画 (17)
未分類 (2)
音楽室 (4)
プレゼント (0)
手芸 (9)
横浜お出掛け (4)
ポントマリ刺繍店 (33)
インテリア・雑貨・植物 (4)
刺繍教室 (3)
ソーイング (0)
生徒さん作品 (3)
猫 (2)

■  素材屋さん



web*citron

■  最新記事

■  RSSリンクの表示

■  生徒さん用連絡リンク

・横浜・池袋クラス欠席連絡フォーム
・アトリエ振替レッスン申込み